FC2ブログ

アンコールワット:王都(アンコール)寺院(ワット)の意味をもつ世界遺産

アンコールワット:王都(アンコール)寺院(ワット)の意味をもつ世界遺産の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03562x.jpg

アンコール・ワット(カンボジア語で王都”アンコール”の寺院”ワット”の意味)

国名:カンボジア      1992年 文化遺産登録

英名:Angkor

                    カンボジア政府観光局アンコールワットHP

アンコール・ワットは12世紀前半に、カンボジア王朝の象徴としてスーリヤヴァルマン2世によって建てられたヒンドゥー教最大の寺院。インドの影響を強く受け、ヒンドゥー教と仏教の融合文化と言われているクメール文化の粋を結集したレリーフが、廊下や壁面に施され、海山を象徴した建物の構造は雄大そのもの。特に遺跡から見る朝陽や夕陽の風景は、忘れがたい印象を残すだろう。

 アンコール・ワットという遺跡名は広く知られているが、新都城として建てられ、周囲12km、幅130mの濠と巨大な5つの城門を持つアンコール・トムも歴史的価値が高い。世界一長大な浅浮彫や、巨大な彫刻「バイヨンの微笑み」は特に有名。アンコールの歴史は、戦争に翻弄され続けた過酷な歴史ともいえる。現在は平和をとりもどし、国際支援による保護・修復作業が続けられている。

                    アンコールワットをもっと詳しく調べる・・・Wikipedia

アンコールワット(カンボジア)の基礎知識

【アクセス】 一般に各種ツアーに参加しないで、航空券一枚でカンボジアに行く場合は、首都プノンペン行き、またアンコールワットの有るシェムリアップにも空港があり、日本発の直行便でアクセスが楽です、またアンコール遺跡への基点となるシェムリアップには、近年大型ホテルが相次いでオープンし、観光客の受け入れ態勢も年々整備されつつあります。

【治安・カンボジア】アンコール遺跡群の優雅な姿を堪能…と思いきや、物売りの子供と戯れて過ごしてしまったなんて話もあるくらい、根性の入った子供達が、あれやこれやと世話をやいてくれて、お金を要求してきます、純粋に労働している子供達がほとんどなのですが、中には観光客の持つカメラなどを狙っているという悪質な子供も残念ながらいます。観光中といえども、自分の持ち物にはしっかりと気をつけて下さい、またシエムリアップ近郊は、まだまだ地雷が残っている地域としても知られています。日没後の遺跡群からは、すぐにシエムリアップへ戻りましょう。遺跡の廻りは街灯もなく、真っ暗になってしまいますし、日没後に遺跡に立ち入る事、居残る事は禁じられています。参考・外務省海外安全HP

【通貨】   カンボジア リエル(Riel)        ( 1リエル=0.033円)                                   カンボジアではUSドルさえ持っていれば、リエルを持たなくても旅行は可能です。最近、特にUSドル払いの傾向が強く、ホテル、ゲストハウスは勿論のこと、多くのレストラン、ショップ、ツアー代金や航空券までもが、USドルで払うようになっています。
逆に、カンボジア・リエルが必要なところは、小さな店やローカルなレストラン、屋台、シクロ、バイクタクシーなどです。しかし、これらの場所も絶対リエルでないといけないという訳でも無く、USドルを払うと、リエルでお釣りを返してくれます!但し、レートがいい加減ですので、ドル表示のところでは、USドルで払った方が、間違いないと思います。

【気候】 熱帯モンスーン気候に属します。
雨季(5月下旬~10月下旬)と乾季(1月上旬~5月中旬)に分かれ、更に乾季は、暑季(2月上旬~5月中旬)と涼季(11月上旬~1月下旬)に分けられます。

 アンコール・ワットに行くには?

【個人旅行の場合】 日本より直行便で首都プノンペン・またアンコール寺院の有るシェムリアップに行けます。年間を通してあまり航空運賃の変動は少ないものの、航空会社によっては格安の航空券の3~4万円高いものも有るようです、チャイナエアーでの乗り継ぎ便が安いものがあります。                                                               【参考】      HISトラベル・・・・成田~台湾~プノンペン  ¥48.000~

           HISトラベル・・・成田~シュムリアップ    ¥71.000~

【ツアーに参加する】 ツアーでの参加はもちろんアンコールワットだけではありません、隣の国ベトナムに行ったり、アジアの歴史や寺院巡り、ベトナム料理といった、ツアーが人気のようです。                                                                   【参考】  JTBトラベル・・・浪漫紀行 たっぷりアンコールワット6日間 127.000~

           HISトラベル・・・ホーチミン&アンコール6日間 ¥99.000~

                             eツアー・・・<定番の人気コース>世界遺産“ゴールデン・トライアングル”デリー・アグラ・ジャイプール5日間 <インドを代表する世界遺産はもちろん人気の都市も満喫!北インド“ゴールデン・トライアングル”へ> シティーパークまたは同等のBグレード以上

                                旅倶楽部・・・TOPpageに戻る



 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。